訪問美容師

訪問美容を開業するための資格《美容師国家資格だけでOK》

〜この記事でわかること〜

✔️訪問美容を開業するために資格は必要ない

✔️訪問美容を開業する際にあった方がいい資格

美容師
美容師

個人で訪問美容を開業しようと考えている方が増えていますね。

美容室のように莫大な費用もかからないし、個人で手軽に始めることができます!

しかしいざ訪問美容をやろうにも『開業するのに資格はいるのか?』と考える方も多いと思います。

結論:美容師国家資格があればOK!

 

訪問美容を開業する際に何か資格がいるのか考える方も多いのですが、個人でする場合は美容師国家資格さえあれば始めることができます!

 

たまに『訪問福祉美容師』の資格がないとできないと考えている方もいるのですが、これは持っていなくて問題ないのです。

 

しかしあった方がいいと感じる資格や開業するにあたり必要なものや許可があります。

これらを順番に解説していきますね。

 

本記事では訪問美容を始めようと考えている方にとって参考になる部分があると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

〜この記事で解説することは4つ〜

✔️訪問美容を開業するには美容師国家資格だけでOK

✔️訪問美容をするならあった方がいい資格もある

✔️訪問美容で人を雇う場合は管理美容師の資格が必要

✔️訪問美容を開業するには必要なものや許可がいる

広告

訪問美容を開業するには美容師国家資格だけでOK

訪問美容を開業するには『美容師国家資格』があればすることができます。

僕自身も他に何か資格が必要だと考えていたのですが、色々と調べていると特に必要な資格がなかったのです。

 

なので個人で訪問美容をしている人に限らず、雇われで訪問美容をしている方や美容室の休みの日に訪問美容をしている方などで《美容師国家資格しか持っていない》方は多いです。

 

しかし何もわからずに訪問美容をやろうとすると凄く不安になると思うし、少しでも知識をつけておきたいと思ってとった資格があります!

 

〜訪問美容を始める時にとった資格〜

  • 訪問福祉美容師
  • 初任者研修/旧ヘルパー2級
広告

訪問福祉美容師

訪問福祉美容師の資格には色々あります。

国家資格ではなく、いくつもの講習があってその講習を受けることで取得することができるのです!

 

講習は地域によってやっているものが変わってくるので、自分の住む地域やどこまでのことを学びたい方によって選びといいと思います。

 

期間は比較的に短く、1〜4日ほどで取得することができるのでその日に講習を受けて取得することもできますよ!

【資格はなくてもOK!】訪問美容で取った方がいい資格を解説【資格はなくてもOK!】訪問美容で取った方がいい資格を解説 フリーランス訪問美容師を始めるには資格を持っていないといけないと思っている方が多いのですが、資格は「美容師国家資格」があればOK! しかし取っておいた方がいい資格でもあるのでご紹介していきますね!...

 

僕は訪問美容をする際にどんな技術があって、どんな状況があるのか想像できないことが多かったので受けてみました。

資格を持っていることで《他との差別化》にも繋がるとも思いますよ。

 

実際には寝たきりの方のカットや体の動かし方などを教えてもらうことができました!

他にも質問の時間をとってもらえたのですが

『寝たきりの方のカットの仕上がりイメージ』

『1人に対してかける時間』

『スペースがなくて体勢の悪い状態でのカット』

など、色々なことを聞くことができたので凄くためになりました。

 

実際にこの講習を受けて寝たきりの方のカットもしたので、ずっと美容師をしている方なら講習を受けることで寝たきりの方のカットもできるようになると思いますよ!

広告

初任者研修/旧ヘルパー2級

初任者研修/旧ヘルパー2級は介護の資格です。

介護の要素の強い仕事になるので、知識を持っておく!といった意味で取得しました!

 

介護の仕事をしたことがなくて、何の知識もない状態では任せて頂く施設様や家族様は不安になってしまうかもしれない。

なので、出来るだけ安心して頂けるように最低限の知識を習得すると思って取りました!

 

期間は『週に4〜5日いって1ヶ月で取れるコース』と『週に1回行って4ヶ月で取れるコース』があったので

訪問美容の活動をしながらとることにして、4ヶ月かけて取得しました!

 

住んでいる地域や通う学校によって変わってくると思うので、もし興味があるなら近くの場所で探してみるといいと思いますよ!

 

僕の場合は美容室を辞めてすぐに通い始めたのですが、初めは訪問美容のお客様がほとんどいなかったので時間をかけて通うのではなくて『1ヶ月コース』で詰めて通えばよかったと思いましたね。

 

自分の生活に合わせて選ぶといいですよ!

 

広告

訪問美容で人を雇う場合は管理美容師の資格が必要

ここまでは個人でする場合です。

しかし誰か一緒にしてくれる仲間がいる場合は別です!

 

雇用してだれかを雇ったりする場合は美容室と同じように『管理美容師』の資格が必要です。

これは美容師になって3年以上の業務経験が必要になってくるので

もし勤務している美容室を辞めて訪問美容をしようと考えているのなら先にとっておいた方がいいでしょう!

広告

管理美容師資格

ずっと一人でやって行くつもりでも、忙しくなってキャパオーバーになれば誰かに手伝ってもらうこともあります。

 

そんな時に『管理美容師』の資格がないと困ることになってしまうかもしれないです。

『管理美容師』の資格は講習を3間受けると取ることができるので、比較的簡単に取得することができますよ!

 

しかし講習中はスマホを触ったり他のことができないのと、ひたすらビデオを見せられるのでかなり眠たくて退屈です。

ここで寝てしまったりスマホを触って何度も注意をされると、追試でもう1日講習を受けないといけないことがあるので気をつけましょう。

広告

訪問美容を開業するには必要なものや許可がいる

訪問美容を個人で始めるには資格な美容師国家資格だけでOKです!

しかしとっておいた方がいい資格もあると言うことです。

 

では他に何かしないといけないことはあるのか?

訪問美容を始める際に必ずしないといけないことがあります!

 

  • 消毒器具
  • 保健所の申請

この2つは訪問美容を始める際には必ず必要になってくるものです!

広告

消毒器具

消毒器具は美容室にも必ずおいているものですね!

美容室をするにも消毒器具は完備しないと開業できません。

そしてそれは訪問美容でも同じです!

 

こんなヤツですが、美容師をしているなら誰もが1度はみたことがありますよね!

このようにお店を持っていなくても、訪問で使う道具がちゃんと消毒していると言うことが大事なのです。

 

広告

保健所の申請

そして必ず保健所に申請を出さなければなりません!

保健所に申請を出していない地域では訪問美容の業務をしてはならないのです。

 

そして保健所の申請の条件は地域によって変わってきます。

ある地域では『申請だけでOK』『保健所に消毒器具を提出』『許可書の提出』など、色々な条件があるので

地域の保健所に確認をして提示された条件を満たしましょう。

 

広告

訪問美容では資格がいらなくてもあった方がいい資格がある

訪問美容をする際には資格は美容師国家資格だけでいいのですが、あった方がいい資格はあります!

 

  • 訪問福祉美容師
  • 初任者研修/旧ヘルパー2級

 

正直、何も知らない状態で講習を受けてもわからないことが多かったです。

しかし訪問美容をしていくうちに思い出して役立ってくれています!

 

1度学んだことを活用し出すと、ふと思い出すことがあったり、職員様の行動の流れややっていることを少しは理解することができます。

 

学ぶだけで行動しなければ役に立たないですが、行動することで理解が深くなっていきます!

訪問美容をするなら、ぜひ取ってみて下さい。

 

訪問美容を続けるにあたって何かの気づきがあれば記事にしていって、これから訪問美容の活動をしていく方の少しでも役に立てるように頑張りますね。

 

広告