訪問美容師

【効果なし】個人の訪問美容師がチラシ配りをしても集客できません

〜この記事でわかること〜

✔️個人の訪問美容師がチラシを配った結果

✔️チラシの効果的な活用方法

✔️訪問美容師の効果的な集客方法

美容師
美容師

僕は訪問美容を個人でしているフリーランスです!

訪問美容を始める際に最も悩むのが『集客』だと思います!

僕自身も凄く苦労したし色々と試行錯誤しました。

その中でチラシを使ったポスティングをしたのですが、結論から言うと【全く効果なかった】です。

 

美容室で働いていると『ホットペッパー』などの集客ツールがあり、やることが決まっていたりそこまで集客に困らなかったりします。

 

しかし訪問美容になるとどうすれば集客ができるのかわからない。と言うことになってしまう方がほとんどだと思います。

 

効果的な集客ツールもなく、対象のお客様の層が高齢になることで『ネットなどはみるのか?』など、効果的な集客がわからなくなりますよね。

 

『ネットは見ないけどチラシなら見てくれるかも?』

『とりあえずチラシを配ってみよ!』

という考えになってしまうのもわかります。

 

僕自身も淡い期待を持ってチラシを配りまくりました。

結果として効果がなかったのですが、実際にどうだったのか?どうするのが効果的なのか?などを書いていきますね!

 

本記事では訪問美容を始めようと考えている方にとって参考になる部分があると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

〜この記事で解説することは3つ〜

✔️訪問美容のチラシは適当に配っても効果なし

✔️訪問美容のチラシは適切な場所に持っていこう

✔️チラシの効果は時間がかかるが徐々に成果に繋がります

広告

訪問美容のチラシ

僕は訪問美容を始めた時に《ホームページ・名刺・チラシ》を作りました!

これは最低限必要なものだと思うし、誰もがやることだと思います。

 

 

そしてチラシは施設に持って行って、色々なところに挨拶・営業をするために作ったのですが

『チラシ配りをしたら効果はあるのか?』

と思い、色々な場所でポスティングをしました!

 

  • 住宅街
  • 少し古めのお家
  • マンション
  • 団地
広告

住宅街

この住宅街は比較的新しい家を狙ってポスティングをしました。

新しい家ということは、住んでいる人は若い人で結婚したばかり!

 

外出が難しい《育児・妊婦》などの方がいたり、家族様に繋がったりしないかな?と思ったのですが効果はなかったですね。

広告

少し古めの家

高齢の方が住んでいそうな少し古めの家を狙ってポスティングをしました。

高齢の方が住んでいそうな玄関に手すりを後付けしたような家にポスティングしましたが、効果がなかったです。

広告

マンション

どの家にどんな人が住んでいるのかわからないのですが、マンションなら色々な人が住んでいる。

そんな中に訪問美容を必要としている人がいるかもしれないと思い、ポスティングしましたが、効果はなかったです。

広告

団地

団地には高齢の方が住んでいることも多いと思い

訪問美容でも団地に呼んで頂くこともあったのでポスティングをしてみましたが、効果はなかったです。

 

広告

全部で3000〜4000枚は配りました

色々な地域で色々な家にポスティングをしましたが、全てに効果を感じませんでした。

全部で3000〜4000枚は配ったのですが、1枚も問い合わせはなかったですね。

 

キャンペーンの割引きを載せたり、初回は無料などをしたのですが全てが紙の無駄になりました。

チラシを自分で作っていたので安いですが、紙代・インク代などはかかってしまうので

今思えば無駄で勿体無いことをしたと思っています。

 

広告

自宅に入れるのに知らない人は呼ばない

これは僕が思ったことですが

『訪問美容は自宅に招き入れる』のは思っている以上にハードルが高いのです。

 

チラシが入っていたからお願いをするとかではなくて、髪の毛も切りたいしチラシも入っていたけど

『どんな人が来るかわからないから心配』

と思うのだと思います。

 

なので訪問美容ではその人が安心できる情報を提供できないと、予約をしてもらうことは難しいのだと思います。

 

広告

訪問美容のチラシは効率的に配ろう

訪問美容のチラシを見ても『あっ、チラシ入っている!家に美容師を呼んでみよ♪』とは中々ならないのです。

 

やはり信用できる人に紹介してもらうことで家に招き入れてくれるだと思います!

結論から言うと『ケアマネージャー』『市役所の人間』『家族』さんですね。

 

そのどちらかに薦められることで、知らない美容師でも呼んでみる気になってくれると思います。

 

  •  地域包括支援センター
  • 市役所
  • 介護施設
  • その他
広告

 地域包括支援センター

地域包括支援センターにはケアマネージャーさんがいてます。

自宅で過ごしている高齢者のケアプランなどを考えてくれたり、色々なサポートをしてくれる存在ですね!

 

その中に訪問美容もあり、あいさつに言ってチラシを渡すことで紹介をしてもらうことができます。

 

しかしチラシを渡したからといって、すぐに紹介をしてもらえるわけではないのです。

地域包括支援センターのケアマネージャーさんに

『訪問美容の問い合わせはどれぐらいあるのか?』を聞いたところ。

【月に1回あるかないか】

と言うことです。

 

紹介をしてもらうのに時間がかかるし、他にも訪問美容をしている業者はいてるので、自分に回ってくるには時間がかかります。

 

しかし家にチラシを入れるよりも効果は間違いなくあるので、色々な地域包括支援センターにあいさつに行くのはおすすめです。

広告

市役所

市役所にも高齢者を支援する『地域福祉課』があります。

こちらでも訪問美容の相談が稀にあるようで、あいさつに行ってチラシを渡しておくのもいいと思いますよ!

 

僕はこちらからお仕事を頂いたことはないですが、あいさつに行っておくことで今後に繋がるとかもしれないと思い

近隣の市役所をいくつか回りました!

 

市役所の方も訪問美容を理解しているので、軽い挨拶でスムーズに対応して頂けます。

 

広告

介護施設

介護施設は営業に行くイメージを強く持っており、苦手意識がある方も多いのではないでしょか?

しかし介護施設にも当たり前ですがケアマネージャーがいます。

 

介護施設にあいさつに行くことで、施設での訪問美容は難しくても『居宅のお客様』はお願いしてくれることがあります。

 

なので、軽くあいさつに出向いて

【施設だけでなく、自宅にもいきます】

と伝えることでご連絡を頂けるのです。

 

僕も営業で断られても自宅に行けることを伝えると

『自宅にも行ってくれるの?今の訪問美容は自宅に行ってくれないので、またいたらお願いするね』

と言って頂けます。

 

施設で訪問美容をすることを目的にせずに介護施設に行くことで、営業のハードルは下がると思うのでぜひやってみて下さい。

 

広告

その他

僕はこれはしていないのですが、家に配るよりも効果があると思うのが

『郵便局』『スーパー』などの、高齢のお母さんがいてる主婦層がくる場所にチラシを置いてもらうことです。

 

高齢の方が80代ぐらいなら、その娘様は50〜60代ぐらい。

その年代の方がくるであろう場所にチラシを置いてもらうことで、適当な家にポスティングをするよりも効果があると思いますよ!

 

『市役所』『銀行』『駅』など、置いてもらえるなら効果があるかもしれないですね。

 

広告

訪問美容のチラシには必ずホームページを載せる

ここまでチラシの効果的を感じる場所を書いてきましたが、人や地域によって変わってくるので色々試してみるのがいいと思います。

そしてチラシには必ずホームページを載せることが大事です。

 

これは人や地域に関係なく、かなり重要だと思いますよ!

 

僕がご予約を頂く居宅の方は

『ちゃんとしてそうだから』

『載せているヘアスタイルが上手だから』

『人柄が素敵だから』

など、ホームページを見て選んで頂いてます。

 

そしてこのホームページは高齢の方が見る場合もありますが、ケアマネージャーや家族様もホームページをみて判断します。

 

チラシだけ見てもその人がどんな人なのかわからないと、お願いしにくいし紹介しにくいですよね?

なので訪問美容を受ける方の周りの人を安心させることが重要です。

 

広告

訪問美容のチラシは徐々に効果が出る

訪問美容のチラシは適当にポスティングをしても効果はありませんが、関わりのあるところに持って行くことで徐々に増えていきます。

効果が出にくいので『やってて意味があるのか?』と思ってしまうこともありますが、めげずに続けることが大事ですよ。

 

色々な人に知ってもらって認知が増えることで、活動し出して4ヶ月〜半年ほどで色々な方から連絡を頂くことが増えました。

 

僕もまだまだ色々なことをして多くの方に知ってもらうための施策を繰り返していますが、色々試して継続することが1番効果を感じます。

 

ぜひ参考にして下さい。

 

訪問美容を続けるにあたって何かの気づきがあれば記事にしていって、これから訪問美容の活動をしていく方の少しでも役に立てるように頑張りますね。

 

広告