訪問美容師

【現役の訪問美容師の収入公開】訪問美容のメリットとデメリット

〜この記事でわかること〜

✔️訪問美容師のメリット

✔️訪問美容師のデメリット

✔️現役訪問美容師の半年間の収入

美容師
美容師

最近では訪問美容のことに興味を持っている方が増えてきています。

やはり高齢化が進むことで、需要が高まっていると感じる方や自由な働き方に興味を持っている方がいるのでしょう。

 

訪問美容師をすることで多くのメリットがあると感じておりますが、通常の美容室と違って大変な部分もたくさんあります。

 

僕は訪問美容のことを何も知らない状態で始めて『イメージ通りのこと』『思っていたことと全然違う』と感じたことがたくさんあります。

 

これから訪問美容を始めたい方に少しでも参考になるように、訪問美容のメリットやデメリットを解説させて頂きますね!

 

本記事では訪問美容を始めようと考えている方にとって参考になる部分があると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

 

〜この記事で解説することは3つ〜

✔️訪問美容は自由な働き方ができる

✔️訪問美容は軌道に乗るのに時間がかかる

✔️メリット以上にデメリットに耐えることが大切

広告

訪問美容のメリット

訪問美容師にはたくさんのメリットがあります。

訪問美容に興味がある方はこれらのことが魅力的で“訪問美容を始めたい”と思っているのではないでしょうか?

  • 時間に縛られない自由な働き方
  • やればやるだけ収入になる
  • お店を出す費用がかからない
  • ランニングコストがない
  • 歳を取っても長く続けることができる

僕自身もこれらのことが魅力的で始めようと思ったので、凄く気持ちがわかります。

順番に解説していきますね。

広告

時間に縛られない自由な働き方

最近では『フリーランス』と言った、個人の自由な働き方が人気になってきていますね。

フリーランスのイメージでは『自分の働きたい時に働く』ことができる。

 

このフリーランスを言った働き方は色々な業種で使われていますが、訪問美容との相性は凄くいいと感じております。

 

基本的に予約のスケジュールは自分で組むことができるので、自分の働きたいところにだけ予約を入れればいいので

『朝と昼だけで夕方からは自分の時間』

『ガッツリと稼ぎたいから遅くまで予約を入れる』

『連休を取りたいからここの1週間は予約を入れない』

など、これらのことが可能になります。

 

そしてお店を構えていると、働かなくても固定費+収入がなくなります。

訪問美容でも収入がなくなりますが《休んでも出費はない》のです。

 

特に子供のいている女性には凄く働きやすくて魅力的ですよね。

広告

やればやるだけ収入になる

訪問美容を個人でする場合は経費がほとんどありません。

かかる経費は《ガソリン・備品・少しの薬剤》ぐらいです。

 

なのでお客様や施設様から頂くお金が全てそのまま収入になる感じ。

コストがかからずにそのまま収入になるのは凄く大きなメリットですよね。

お金がほとんどかからないので始めやすくて負担が少ないのは大きなメリットです!

 

広告

お店を出す費用がかからない

お店を出す場合は莫大なお金がかかります。

美容室でいうと『約1,000万』ほどかかると言われており、他の業種でも数百万かかると思います。

 

なので、ほとんどの事業は銀行などにお金を借りて始めることがほとんどだと思います。

しかし訪問美容を始めるに借金をする必要はありません。

 

元々使っているハサミなどを使って、カットだけの訪問美容なら数万円で始めることができ

移動式シャンプー台を購入しても約20万円で始めることができます。

 

無借金で始めることができる事業は挑戦しやすくて長く続けやすいです。

 

広告

ランニングコストがない

訪問美容では店舗をもつ必要がないので、固定費などのランニングコストがありません。

もちろん0円ではないですが、限りなく少ない。

 

家賃がかからないのはもちろん、借金の返済もありません。

そして美容室経営を苦しめている集客の莫大な経費もありません。

 

なのでかかるランニングコストとしては

タオルを洗濯する水道代・電気代

HPのサーバー代

保険代

ぐらいで、仕事用の電話を持つなら『通信代』がかかりますね。

 

集客のポータルサイトも無料で使えるので費用はかかりません。

これらでかかるランニングコストは年間で約2〜3万円ぐらいだと思います。

広告

歳を取っても長く続けることができる

そして訪問美容は通常の美容師よりも長く続けることができると思います。

美容師の寿命は『40代』なんてことも聞いたことがあります。

 

確かに40代以降はお客様が付きにくくなって、歩合制の美容師では収入が右肩下がりになることもわかります。

しかし大きな収入を求めないなら大衆美容などの道もあると思うので、一概に寿命が早いとは思いません。

 

しかしそれなりの収入を確保するなら訪問美容を個人でする方が稼げると思います。

お客様は高齢の方が多くて、自分が40〜50代となってまだまだ若いと言って頂くことができます。

 

そして定期的に行かせて頂いている施設があれば、収入を安定させることもできます。

年をとっても自分次第で長くそれなりの収入を稼ぐことができて、これからどんどん高齢化になれば仕事を獲得するチャンスはたくさんあると思いますよ。

広告

訪問美容のデメリット

訪問美容には上記で書いた様にたくさんのメリットがあります。

しかしそれ以上に難しい問題がたくさんあります。

 

  • 収入がない
  • 集客ができない
  • 営業が辛い
  • サービスを提供する場所が整っていない
  • 暇な時間が辛い

僕自身も覚悟をしていたことですが、実際に体験することで“思っていたよりも辛い”と言ったことがたくさんありました。

広告

収入がない

訪問美容を専業で始めることで収入がなくなります。

当たり前のことですが、勤め先がなければ給料が入ってきません。

 

そして訪問美容を始めてお客様がいなければ報酬ももらうことができないのです。

僕は美容室の勤めていた時のお客様がいたので、全くの0円ではなかったのですが、やはり女性は美容室に行きたいものです。

 

ほとんどの方はそのまま通うか、違う美容室に行った様で月に2〜3名ほどのお客様を訪問させて頂きました。

もちろん条件があるので条件にあった方のみになりますが、月に2〜3名だけでもさせていただけると凄くありがたいです。

 

そしてサイトでの副収入もあったので、ギリギリ生活できるぐらいではありましたが、本業も収入がなくなということは凄くストレスで不安な気持ちになりました。

 

いきなり本業で訪問美容を始めるのではなくて、副業としてお客様をつけてから始めるか、他に収入源を作ってから始める方が不安は少なくなるのでおすすめです。

広告

集客ができない

訪問美容を始めて1番苦戦するのが《集客》です。

美容室の様にお店を構えるわけではないので、お客様が勝手にくることもなければ効果的なポータルサイトもありません。

 

訪問美容では地道な営業や認知してもらう活動が必須です。

すぐに効果が出るわけでなくて、本当に少しずつ成果が出てくるものなので長期的な目線で見る事が凄く重要ですよ。

 

僕は営業もHPもどちらも力を入れて活用しておりますが、どちらも時間がかかり

営業を始めて2ヶ月後に1件の施設様(訪問件数150〜200件)

HPを始めて3〜4ヶ月後に月に5〜7名(2〜3日に記事を更新・集客までに50記事以上)

 

労力に対しての費用対効果は凄く悪いと思います。

しかし継続していくことで徐々に費用対効果も上がっていき、労力以上の効果を実感できるようになりますよ。

広告

営業が辛い

これは訪問美容を始めた方によくあることだと思います。

美容室で働いていて営業をすることなどありません。

 

しかし営業をしないことには施設様との契約を取ることはできないし、そもそも自分の活動を知らないのです。

なので”まずは知ってもらう”という気持ちで行くことが大切です。

 

数をこなしていくことで、徐々に慣れて何も思わなくなりますよ。

僕は150〜200件ほどの施設を回った時には何も思わなくなりました。

 

なれるまでにはたくさんの冷たい態度や言葉がありましたが、それが普通なのです。

自分が忙しいサロンワーク中に営業に来られても適当にあしらったり、忙しくなくて営業とわかればあしらいますよね?

同じ様に営業に伺った施設の職員にも同じように思われます。

 

なので何も気にせず、徐々に距離を近づけていたったり、訪問美容を探している施設様を探すのです。

広告

サービスを提供する場所が整っていない

訪問美容では施術をする場所がいつも違います。

施設などでカットをする時は、お部屋の一室や廊下、隅っこなど、色々な場所でカットをするので環境が整っている美容室とは全然違います。

 

お客様の髪の毛も毎日お風呂に入っているわけではないので、寝癖などがついていたりと、カットがしにくい状態です。

 

そしてご自宅でカットをさせて頂くと、シートを引いてカットをするのですが、場所の広さが十分でなかったり色々な姿勢でカットをすることになります。

シートの大きさも限られているので、カットをした髪の毛を美容室のようにサッと落とすことができないのです。

 

さらに自宅の照明は凄く暗い。

なので見えにくくてカットが凄くしにく。

色々な環境でカットをすることに最初は苦労しますが、やりながら自分のやりやす方法を探しましょう。

広告

暇な時間が辛い

訪問美容を始めて予約が入らなくて凄く暇です。

暇な時間に営業に行ったりもしますが、心が折れないようにして早めに切り上げたり営業を休んだりするとやることが少ないのです。

 

僕はサイトで副業をしていたので、それらをすることもできました。

しかしずっとパソコン作業はできないので、何もしない時間があったりやはり訪問美容での収入がないことで他の事が手に付かないことはたくさんありました。

 

収入のない暇な時間は凄くストレスで辛い時間です。

悪いことばかりを考えてしまうので、心が弱い人は特に副業で訪問美容をすることをおすすめします。

広告

訪問美容を始めてどれくらいで収入があったのか?

僕が訪問美容を始めてどれくらいで収入を得ることができたのか少し書きますね。

前提として

《営業件数300〜400件》※2ヶ月目の中頃

MEO上位表示》※2ヶ月目の中頃

《サイト記事数80件》※4ヶ月目でSEO上位表示が数件あります。

したぐらいの状態です。

訪問美容の収入

  • 1ヶ月:3,0000
  • 2ヶ月:6,2900
  • 3ヶ月:3,4550
  • 4ヶ月:12,6050
  • 5ヶ月:14,7000
  • 6ヶ月:16,4950

元々のお客様が数名いたことと、4ヶ月目から営業した施設様から数件の依頼があってサイトからの依頼が増えてきたので徐々に増えてきました。

 

これが早いかどうかはわからないですが、多分上手く行っている方です。

色々な試行錯誤をして行動しまくってこの結果で数ヶ月経っても収入が0円の人も多いようで、1年経って十数万円の方も多いと思います。

 

ここからも徐々に右肩上がりではありますが、参考程度にして同じ様になるとあまり思わずに石橋を叩きながら始めることをおすすめしますよ。

※僕が凄いとかではなくて同じ様にしんどい思いをして欲しくないのです。

 

広告

訪問美容は収入は劇的に増えないけど自由

訪問美容はやり続ければ徐々に収入は増えていきます。

しかし思っている以上に緩やかです。

すぐに結果は出ないし、収入の天井も低め。

 

しかし個人での収入ならある程度満足できるぐらいには稼ぐ事ができると思いますよ。

そして何よりも時間があります。

 

半年間の収入しか載せていませんが、6ヶ月目の収入の時点では15日ほどしか働いておらず、時間も1日2〜4時間ほど。

 

時間を求める方にはかなり魅力的に感じるかもしれないですね。

※営業・記事作成などは時間に入れていません。

 

そして何よりも《凄く感謝をしてもらえる》やりがいのある仕事です。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

訪問美容を続けるにあたって何かの気づきがあれば記事にしていって、これから訪問美容の活動をしていく方の少しでも役に立てるように頑張りますね。

 

広告