訪問美容師

訪問美容の補助金・助成金『個人でも使うことができる』

〜この記事でわかること〜

✔️訪問美容の補助金・助成金とは?

✔️訪問美容でも使える補助金・助成金

美容師
美容師

僕はフリーランス訪問美容師の個人事業主です。

開業するにあたり費用をかけずに開業することができる訪問美容ですが

「補助金・助成金」を使うことでさらにリスクを下げることができますよ!

 

訪問美容は少ない資金で開業することができ、リスクが凄く少ない業種です。

そんな低リスクな事業でも「補助金・助成金」を使うことができ、さらにリスクを少なくすることができます。

 

そして訪問美容で新しいサービスや展開を考える場合に凄く役に立つ制度なので、知識として頭に入れておいて損をすることはありません。

 

 

本記事では美容師に限らず、色々な仕事をしている方にとって参考になる部分があると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

 

〜この記事で解説することは2つ〜

✔️補助金・助成金の違い

✔️訪問美容で使える補助金・助成金の種類

広告

訪問美容の助成金・補助金

少額から始めることができ訪問美容ですが、余裕を持って開業をしたい方も多いと思います。

開業してすぐに軌道に乗るわけではなく、どうしても時間がかかってしまいます。

 

生活するための出費はあるし、事業が軌道に乗るまでは不安ですよね。

そこで「助成金・補助金」の制度を活用することで余裕を持って始めることができるかもしれません。

個人で始める事業でも申請できるものがあるのでぜひ活用してくださいね!

 

広告

訪問美容の助成金・補助金:種類

申請できる助成金・補助金にはいくつか種類があります。

 

  • IT導入補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • ものづくり補助金
  • 中途採用等支援助成金
  • 生涯現役起業支援助成金
  • 創業補助金
広告

IT導入補助金

出典:IT導入補助金

ITツールの導入に活用できる補助金で、中小企業や個人の自営業を行っている人が受けることができます。

訪問美容でITツールと言われるとピンとこない方も多いかもしれませんが、宣伝に使うWEBサービを作るにあたり業者に依頼した場合などは費用がかかってしまいます。

 

そんなWEBサイトの費用を補填してくれる制度なので、WEBサイトを依頼して作る場合に使うことができる補助金です。

 

  • WEBサイト作成
  • 予約システム
  • POSレジシステム
  • 財務管理システム

などにも使うことができます。

 

出典:IT導入補助金

補助される費用は1/2の最大450万円と、ITツールの導入を考えている場合に検討しましょう。

またWEBサイトなどは自分で簡単に作成することができ、自分でする方がSEOなどの知識もつくので個人の場合は自作がおすすめです。

 

広告

小規模事業者持続化補助金

出典:小規模事業者持続化補助金

小規模事業者が申し込める補助金で、中小企業や個人事業主が事業を継続させるための資金補助を国からしてもらう制度です。

 

事業を継続させるための補助金で、災害で事業の持続が厳しくなった場合にも申請しすることができます。

出典:小規模事業者持続化補助金

災害だけでなく、コロナによる影響でも申請することができます。

他にも

  • 新しい販路開拓の経費を補助
  • 新しいサービス開発の経費を補助

などもしてくれるので「新規顧客獲得のためのチラシ作成」や「新規顧客獲得のためのサービス開発」などをする場合に検討してみましょう。

 

広告

ものづくり補助金

出典:ものづくり補助金

ものづくり補助金の対象の中には「サービス」も含まれています。

訪問美容もサービスを提供するものになり、新しいサービスを始めるのに資金が必要な場合に「ものづくり補助金」を使うことができるのです。

 

訪問美容の活動していく中で新しいアイデアが浮かんだ場合などに検討してみましょう。

 

広告

中途採用等支援助成金

出典:中途採用等支援助成金

これから起業を行う人や事業を開始して間もない事業主が申請できる助成金です。

こちらも法人だけでなく個人の事業でも活用することができる制度です。

 

広告

生涯現役起業支援助成金

出典:生涯現役起業支援助成金

生涯現役起業支援助成金は「40歳以上の方の起業」を手助けする助成金です。

訪問美容師でも40歳以降に始めた場合に活用することができます。

※この助成金は「従業員の雇用」が前提で、複数人で訪問美容を始める場合にのみになります。

 

出典:生涯現役起業支援助成金

助成率は年齢によって変わってきます。

「60歳以上の場合は経費の2/3で、最大200万円」

「40〜59歳以上の場合は経費の1/2で、最大150万円」

となっています。

広告

創業補助金

創業補助金は、創業時の資金補助をしてくれる制度です。

事業計画書を作成して提出することで、創業時にかかった経費を補填してくれます。

 

審査が必要になるので短期間の交付は望めませんが、訪問美容を始めたい方は、ぜひ活用しておきたい補助金です。

 

広告

補助金・助成金とは

広告

補助金

補助金とは、一定の期間内で応募して選ばれると支給されるものです。

補助金を受給するためにはいくつかの審査を受ける必要があり、審査を通らないと補助金は受け取ることができません。

広告

助成金

助成金とは条件を満たしていれば支給されるものです。

広告

国や地方自治体が管轄している

補助金や助成金は、国や地方自治体が管轄しています。

書類のフォーマットや提出期限に厳しく、書類の不備や提出期限が遅れたりすることで支給対象から外される場合ことがあるので注意しましょう。

広告

後払い

補助金・助成金は基本的に後払いです。

提出した計画通りに事業を行い、完了後に報告書提出・支給申請を行う必要があります。

 

補助金や助成金は、報告書や支給申請が承認されて初めて支給されるので、事前に給付されるわけではありません。

返済義務

補助金・助成金に返済義務はありません。

ただし、例外的に返済義務を設けている補助金・助成金もあるのでしっかりと確認するように気をつけましょう。

 

広告

訪問美容でも使える補助金・助成金は使う

補助金・助成金にはたくさんの種類があり、知らないことで凄く損をすることもあります。

補助金・助成金を申請するには凄く手間がかかってしまい、面倒に感じることも多いでしょう。

しかし何か自分で事業をするということは凄く手間がかかり面倒なことが多いのです。

そんな面倒をしっかり調べて手間をかけることは事業を成功させることに繋がります。

 

面倒や手間をかけても補助金や助成金の申請が通らないこともあるかもしれませんが、自分の事業のリスクを下げることは成功に近づくことでもあります。

 

そして開業当初は必要なくても事業を大きくする際に活用することができるものもあります。

補助金や助成金の知識を勉強しておくだけでも、その後の行動やリスクが変わってきます。

ぜひこれらを活用して訪問美容の活動を軌道に乗せていきましょう!

 

広告