訪問美容師

訪問美容の居宅のお客様はどんな人!?ブログの集客でのお客様!

〜この記事でわかること〜

✔️訪問美容の対象になるお客様

✔️訪問美容師の居宅のお客様はどんな人なのか

美容師
美容師

訪問美容のイメージは『高齢の方のサービス』といったイメージがあると思います!

しかしいざ訪問美容を始めてみると色々な年齢層の方がいており、一概に『高齢者のためのサービス』とも言えないと感じました。

 

僕はブログ・サイトを通じて多くの方の自宅にお伺いさせて頂き、たくさんの方の施術をさせて頂きました。

 

訪問美容でブログ集客!居宅のお客様はどれぐらい問い合わせが来るのか!?訪問美容でブログ集客!居宅のお客様はどれぐらい問い合わせが来るのか!? 訪問美容をしていて居宅のお客様を獲得するにはブログ運営は必須です! 実際にどれぐらいの方のお問い合わせが来るのかを書いていきますね!...

 

最近では美容室にいくことが難しい『妊婦』や『育児』をしている方でも訪問美容を利用できる様になっており、幅広い年齢層の方を対象にできる様になってます。

 

だからと言って『若い妊婦さん・若いママ』が訪問美容を利用することは少ないだろうと思っており、高齢で美容室にいくことができない方の為のサービスと思っていました。

 

しかし意外な方のご依頼を多く頂くことがあり、訪問美容が対象のお客様の幅を広く感じることができました!

 

訪問美容を始めるにあたって『どんな方が対象になるのかわからない』や『対象にしていい方がはっきりわからない』と思っている方も多いと思います。

僕自身も始める前はそれを感じていました。

 

本記事では訪問美容を始めようと考えている方にとって参考になる部分があると思いますので、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです。

 

〜この記事で解説することは2つ〜

✔️訪問美容の居宅のお客様の幅は広い

✔️高齢の方だけのサービスではない

広告

訪問美容の居宅のお客様にはどのような人がいるのか?

訪問美容のお客様の対象にあるのは

〜美容室にいくことが難しい方が対象〜

  • 高齢の方
  • 障害のある方
  • 介護をしている方
  • 妊婦・育児をしている方
  • 近くに美容室がない地域の方

 

基本的にこのようになっています。

調べると出てくるので、すぐにわかると思います。

 

では本当にこの通りなのでしょうか!?

あっているにはあっているのですが、実際に僕が訪問美容を始めて感じたものは少し違いました。

 

特に居宅のお客様!

施設様に入っているのは高齢の方になるので、そこまでイメージは変わりませんでした。

 

しかし居宅になってくると、本当に色々な方がいており、多くの方にとって必要と思ってもうことができるサービスなのだと感じました。

 

僕が訪問美容を始めてイメージと少し違うと感じたお客様はこんな方達です。

※もちろんイメージ通りの方もたくさんいますよ。

〜思っていたイメージと違ったお客様方〜

  • 手術をしたばかりの方
  • 精神障害の方
  • パニック障害の方
  • うつ・そう鬱の方
  • 引きこもりの方

 

これらの方からもご依頼を頂くことがありました。

最初はこのような方を対象にしていいのか?という疑問があったのですが、この様な方々はいつも訪問美容を利用しているようなので問題ないと思います。

順番に解説していきますね。

広告

手術をしたばかりの方

手術をしたばかりの方はイメージがしやすいですよね。

手術をして退院して自宅でゆっくりと自宅療養をしている方とかです!

 

高齢の方が多いのですが、手術は体力を使うので終わったからと言ってすぐに元気になるものでもありません。

高齢の方になってくると長い時間を必要とすることも。

 

手術をするのに何日も前から入院して、やっと退院したけど体は疲れていたり、自宅療養が必要だったりします。

 

そうなってくると髪の毛も伸びてきて切りたくなることもありますよね。

そんな時にご自身や家族様からご連絡を頂くこともあります。

広告

精神障害の方

精神障害の方からもご連絡を頂くことも多いです。

 

精神障害には色々なものがあり、ご依頼者様がどんな病気なのか?

凄くデリケートなことなのでご本人や家族様から言って頂かない限りはお伺いすることはありません。

 

なので実際にどんな病気なのかわからない方もいます。

しかし人目が気になっていたり、人がいているところのが苦手だったりと美容室どころか外出をしない人も多い印象です。

 

初めてお伺いするご自宅だと家族様やご本人様が髪の毛を切っていたりすることが多いですね。

 

そして昼夜逆転している方も多いので、遅い時間まで対応することでこれらの在宅のお客様を獲得することができますよ。

 

もちろんプライベートも大切なので自身の営業方針に合わせて対応するのが1番だと思います。

僕はこれらの方のご自宅に18時半〜19時半にお伺いすることが多いですよ。

広告

パニック障害の方

これも精神障害の1つだと思います。

比較的若い方が多くて10〜30代ぐらいの方からご依頼を頂きます。

 

人が多いところだとしんどくなってしまったり、気分が悪くなってしまうようです。

初めてお伺いするときも凄く緊張しているので、ゆっくりと落ち着いて早いペースではなくてゆっくりしたペースでお話しをしてあげるといいともいます。

 

そして緊張してお手洗いが近くなってしまったり、喉が乾きやすい方も多いので細かな気配りが大切ですよ。

 

しかし仲良くなってしまったら凄く普通の方が多くて、美容室で若いお客様を対応しているのと変わらない感じです。

 

ただ仲良くなってもちょっとしたことで気持ちが焦ってしまったり、混乱してしまうので仲良くなっても気遣うことを忘れてはいけないですよ。

広告

うつ・そう鬱の方・引きこもりの方

この『うつ・そう鬱』の方が引きこもってしまっていることが多い印象です。

※他のことが原因で引きこっている方もいますが『うつ・そう鬱』の方が多いので1くくりにします。

 

『うつ・そう鬱』の方も若い方が多いですね。

これも精神障害に入ってくれると思うのですが、考えすぎてしまっていたり人目が気になりすぎてしまう方が多い印象です。

 

きっと優しすぎて色々なことが気になってしまうのだと思います。

 

小学生〜高校生などの学生で不登校になって家族様からご依頼を頂くことが多いです。

お母様がカットをしていたりするのですが、年頃でこだわりが出てきて美容師にお願いしようとご連絡を頂きます。

 

もしくは外出をしないので何年もカットをしていなくて伸びすぎてしまっている方もいますよ。

 

そして学生以外にも20〜40代の方で外出ができない方もいており、そのような方からもご依頼を頂きます。

広告

訪問美容でも若い方は多いです

訪問美容を始めて思っていたよりも若い方が多いです。

それは僕がサイト・ブログで『若い人も対応できる』『お洒落なヘアスタイルをご提供できます』と打ち出しているからご依頼がくるのかもしれません。

 

訪問美容をしたことがない方や普通の美容室に勤めている方のイメージよりも若くてお洒落を求める方は多いのです。

訪問美容でも常にお洒落なヘアスタイルをご提供できるようにするための努力が必要になってきます。

 

しかし若いお客様だからと言って普通の美容室のお客様と同じように対応してはいけません。

相手に気を使わせすぎないように、色々なことを配慮して繊細な気遣いが凄く重要です。

 

しっかりとした気遣いと接客をすることができれば普通に喜んで頂くことができ、普通にお洒落を楽しみたい方が多いです。

 

訪問美容だからと言って技術を怠るのではなくて、常に接客・気遣い・技術を磨くことが凄く重要ですよ。

 

訪問美容を続けるにあたって何かの気づきがあれば記事にしていって、これから訪問美容の活動をしていく方の少しでも役に立てるように頑張りますね。

 

広告